HP:http://rougedropsign.web.fc2.com
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
菜園
2011-05-28 12.06.57.jpg
アスパラガース
- comments(0) trackbacks(0)
new house


2011-05-14 14.12.56.jpg


2011-05-14 12.18.58.jpg

2011-05-10 22.00.09.jpg


2011-05-14 15.02.38.jpg


2011-05-14 15.02.52.jpg
- comments(0) trackbacks(0)
反転する。
先日、テレビで今回の震災で亡くなった娘さんの遺体が震災から何週間もしてか ら発見され、母親ら家族と対面するシーンの映像が流れていた。 
顔の識別もままらならないその遺体を見てすぐに、母親は娘だと認識し、足のミサンガを見て、娘だと確信した。
その瞬間、その母親は微笑んでいた。 
これで一緒に家に帰れると。

 震災の辛さと人の強さと家族の愛。 いろんなものが詰まった微笑みだと感じた。

 きっと母親ら家族の中の彼女は、愛の中で生き続ける。
 死してなお、人は愛の中なら生きられる。そんな気がした。
 主観的には死んでしまったとしても、客観的な死は超えられる。

 愛の中で死は反転する。
- comments(0) trackbacks(0)
0−1−0
宇宙のコト。

0は一番安定してる。ないということは変化しないこと。。
でも、0であり続けること。それも不安定。
変化こそが安定であり、変化こそが存在。
ないということの存在は、存在によってのみ存在する。

だから、0は自分の中に0じゃないものを産むんだ。

きっとそれは当り前のように。

0から宇宙ができて、宇宙の中に星ができて、星の上に有機体がいて、有機体の中には。
でも、0に生まれた0じゃないものは不安定で0に向かう。中に中に。どんどん中に。
最後は0に押しつぶされる。
それが重さであり、命であり、時間だ。
0に向かうから重力があり、0に向かうから命尽きる。

でも、0から生まれたそれぞれの中は最初は0でからっぽ。
だから急に0じゃないものを生んだりする。
君の体の中に宇宙が生まれている。かもしれない。
そういうこと。

君の宇宙が僕の宇宙。

- comments(0) trackbacks(0)
no title
好きな色をつくろう。色をまぜよう。
- comments(0) trackbacks(0)
no title
・そのひとは、言葉で「侘びしい」とは言いませんでしたが、無言のひどい侘びしさを、からだの外郭に、一寸ぐらいの幅の気流みたいに持っていて、そのひとに寄り添うと、こちらの体もその気流に包まれ、自分の持っている多少トゲトゲした陰鬱の気流と程よく溶け合い、「水底の岩に落ち附く枯葉」のように、わが身は、恐怖からも不安からも、離れる事が出来るのでした。

・してその翌日も同じ事を繰返して、昨日に異(かわ)らぬ慣例
(しきたり)に従えばよい。即ち荒っぽい大きな歓楽(よろこび)を避(よ)けてさえいれば、自然また大きな悲哀(かなしみ)もやって来ないのだ。
ゆくてを塞ぐ邪魔な石を蟾蜍(ひきがえる)は廻って通る。

人間失格「第二の手記」より
- comments(0) trackbacks(0)
no title
F1000425.jpg
出勤途中の駅に貼られた
父の日のお父さんへのたくさん言葉

その中に気になる一枚


お父さんへ
悲しみを
やさしさに


どんな子供だ
- comments(0) trackbacks(0)
おひとりさま



最近 お一人様 で フラフラするのが好きで
こないだとうとう お店で一人酒をして 一人で酔っ払い そして 軽い二日酔い。

そんなお一人様で見た映画がすごく面白かったので
紹介。
中島監督の最新作 「告白」



自分の受け持つ生徒に子供を殺された女教師の告白から始まる。
そして、その告白の中にでてきた、登場人物がまた語るという形で物語が進む。

それぞれのその場面での心情が明らかとなるが、そのうちに何が本当で何が嘘なのか
見ている自分たちでさえ疑心難儀となり、次第に映画の中に引き込まれる

特に印象的だったのはラストの松たか子の表情と、中島監督らしい小説にはない最後の一言。
それですべてをひっくり返し、見たものを悩ませ、考えさせる。
映画らしい、映画でなくてはできない表現で 映画『告白』を見せてくれた







出てくる音楽も レディオヘッドや相対性理論など様々 
 良いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で、 昨日見たのが この 『カケラ』
内容も気になっていたが
監督の挨拶があることと、映画「愛のむき出し」で気になっていた満島ひかりが出ていることも
あり、初日にKINOで見てきた。
監督がとても魅力的な人だった。



予告編を見ると、女の子同士の恋愛がテーマっぽいんだけど
そんな映画じゃない。
言葉にできない
愛ってなんだ!?好きってなんだ!?人と付き合うってなんだ!?セックスってなんだ!?
答えなんかないし、終わりもない。
そんなテーマを女の子同士の恋愛っていうフィルターに通して
純粋に考えさせてくれる。
こっちの映画もラストが印象的
絵が終わった後の一つのセリフ。
どちらの映画も短いセリフの中にすべてが入っている気がする。

上映後の監督の話の中で、
いくつか印象的だったものを思い出しながら書く。

・・・・・・
女優の扱い方では、最近飛ぶ鳥を落とす勢いの満島ひかり 
愛のむきだしで監督とぶつかりあうことで演技を生かしてきた。
その満島ひかりはほぼ放置プレイで、もう一人の主演 中村映里子に監督は熱くぶつかった。

お互いがお互い。 満島ひかりは放置され嫉妬心を燃やし
 中村映里子は注意されないさすが満島ひかりっていう思いから演技を向上させた

・・・・・・


原作ではリコ(女の子を好きになる女の子)はフリーターなのだが
監督は映画としては違う気がして、リコに会う職業を探したらしい。
芸術家でもなく、職人がいいと思いいろいろな人に話を聞いていたところ、
見つかったがメディカルクリエーター(乳がんなどで身体の一部を失ったひとの身体を人工的に模して造る)という職業。
心のカケラを扱った映画で、カラダの欠けた部分を補う職業。
これ以上にない職業だった。

・・・・・・・・

映画は何十億とかけたものと対等な位置に立てる数少ないもの

・・・・・・・・・

演技にへたもうまいもない。
その人が持つ人間力

・・・・・・・・・・・・・

んー 
もっといいことをもっといい言葉で言っていた気がするのだけれど
思い出せない。

上演後はパンフレットを貰い 監督にサインを貰った。
少しだけど、お話もできてすごく良い経験になりました。

次も監督挨拶などあればぜひ 行きたい 。










ここからはまだ見てないんだけど、 同じく満島ひかりが出ていて 我らが岩松了が出ておる
この「川の底からこんにちわ」も注目です。
映画の情報を扱う「ぴあ映画生活」の中の注目度でも上位にランクイン。
一押しは「木村水産社歌」 二つ目の動画だよ。聞いたら元気になるよ。




これもまだ見てないのだけれど、つながりで紹介。 今回の「カケラ」の監督の安藤モモコ監督。
実は愛のむき出しやこのサイタマノラッパー2にもでてる安藤サクラの姉。
サイタマノラッパーも注目されてたが、2も面白そう。
なんで黙っておいてくんだよー(泣





まぁ、 映画ではないんですが 良き知らせなので
紹介。
ICO ワンダと巨像など の名作ゲームをつくってきたチームが新たな作品を造るそうです。
楽しみです。



ではでは 

また今度。ぐるくると。まさかさかさま。

- comments(0) trackbacks(0)
仕事
20100530174151.jpg
ライダー

仕事が始まって2ヶ月
研修があったから実質一ヶ月

まだ大変な仕事を任されていないということが理由なのかもしれないが、仕事を楽しく感じる

工事係になって毎日設計したり、計算したり、毎日新しいことをたくさん覚える。やることも多い。
でも、なんというか、自分の性格とあっているかなと。

もの作りがしたかった自分にとって、とても創造的な仕事で、また、誰かの為になるということを少なからず実感して仕事ができる。

そして、係の人数は多く、やりとりをするものの、基本的に一人で一本の工事の設計を行う。責任は重大だかやりがいと、自分の想像したプランが形になるのが面白い。
そして、三年四年したらまた違う職場。飽き性の自分にはベストな仕事かもとか思う今日このごろ。
自分が自分として向き合って色々進められたら幸せです。がんばる。
変身
- comments(0) trackbacks(0)
nid
F1000452.jpg
ジョビンさんとコン君とシッポさんと、佐々木の隆介君の展示。

あいかわらずのエロさ爆発(ここでいうエロさとはやらしくない表現でやられたーと思わさせると同時に、女子の乙女心をくすぐる演出を指す)
目だけでなく、香りでも楽しませるところなんかもヤバいね。

うまい感じにかみあって、暗い部屋の中で心地よい空間が生まれ出た。

アマチュアでも音楽はお金を取れるけど、アートはお金を取れない。
喫茶の形にしながら、お金を取るという試みをしたのは、ある意味挑戦的でうむうむ。
アート、心地よい空間の提供、お金。

F1000446.jpg
- comments(0) trackbacks(0)
| 1/13 | >>